健康な体を作るための心の教養

健康を得るため、病を治すために、良いお薬を探す事ですか?それとも良いお医者様を探す事ですか?あるいは良いサプリを探すことですか?

お医者様のいない時代では、家族や親せきは、「よし俺が最高の拝み屋を連れてくるから」、そんな時代もありましたが、現代では拝んで治る病気があるなどとは誰も思わないでしょう。

私たちが考える健康を手に入れる方法は4つです。

良いものを探す方法ではありません。良いものを手に入れても使い方が間違っていたらどうにもなりませんし、よい情報を探しても、何にも使い方がわからなければ、その働きがわからなければ、宝の持ち腐れになって住まうからです。

そのための、僕たちは、健康つくりの基礎(土台)となる、心の作り方から話さなければなりませんでした。時間のある時、じっくり読んでください。きっとあなたの人生に輝かしいプラスの作用を生み出してくれることでしょう。

健康の扉、肉体と精神の扉

1、健康な肉体を作るのにはある技術が必要

2、身体をカスタマイズする

3、緊急提案!生活習慣・体質改善策

4、がんが発生するメカニズム

5、私たちはどこへ向かおうとしているのか?

6、健康を作るための肉体と精神の扉

7、満足感が精神の栄養源

8、不安や心配が起こる原因とその影響

9、バランスのとれた食事とは

10、健康とリラックスについて

11、睡眠、眠ることの意味

眠るという行為が大切です。
最低6~8時間の睡眠時間が必要です。

睡眠時間を削ることは全くばかげています。
また、潜在意識を活用すれば、睡眠時間をうまく活用する事さえ
できるのです。

潜在意識というのは眠りません。
意識が眠っている間に問題を解決することができるのです。

そのためには、ある一定の時間、一つの問題について徹底的に
考えたら、その問題を今度は完全に忘れてしまうということが
大事になります。

そうすることによって、目覚めた時、名案が浮かぶのです。

GoogleAD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加