キャンサーがんになるメカニズムと、がんにならないメカニズム

体験談チャーガを用いた臨床例

がんが増えています。
若い人にも増えています。

若年層は体力も強いから治るのも早い
だろうと思うのは、早合点です。

若い分、細胞が活発な分、
進行が早まる可能性が高いのです。

一般的には、40代後半あたりから
キャンサー(がん)の芽が生えて、成長して10年ほどかけて
1㎝の大きさになります。
ところが1㎝を超えた大きさになってからは、
勢力を増大していき、血液に乗って体中に
転移していくことになります。

がんリスク第1位はタバコ

リスク要因として言われている、喫煙にしたって、
がんになった人の生活を調べていたら、たばこを
吸う人が多かったということなのです。

それじゃあタバコを止めればがんにならないのか
というと、そうとも言い切れません。

全人類がタバコをやめたらがんがこの世から
なくなりました。めでたしめでたし。

な、はずがありません。

吸うものは、たばこだけではありません。
一番多く吸うのが空気です。

今の空気は体にとっていい空気なのでしょうか、
それとも悪い空気なのでしょうか?

それと人体の70%といわれている水分はどうでしょう。
毎日食べる食事はどうでしょう。

カラダの運動神経が鈍くなるのと、時を同じくして
病が増えます。

このメカニズムを知れば、健康でいられる可能性が
高まる、といえるのではないでしょうか。
しかし、世の中はそう単純にできていません。
がんの一番の原因として挙げられるのが、
ストレスだからです。

心の在り方、人との関わりあい方、仕事、家族、
怒りやすいのか、穏やかなのか、どのような性格なら
がんにかかりにくいのだろうか。

知りたいですよね?

僕が提案する方法は4つです。
食事、栄養(サプリ)、運動、生き方です。

一つ一つが大切です。
どれか一つだけではだめです。

たとえば、もしもがんに効果のあるサプリメントが
発見されたとして、そのサプリメントで快方に向かった。

でも実は、それだけでは、一時しのぎなのです。
治っても、元の生活に戻れば、もう一度がんは育っていくのです。
私たちは、がんに効くサプリを見つけるだけでは、
何一つ解決しないのです。

たとえば、紫イペチャーガを知って、紫イペチャーガを
飲むようになっても、何一つ解決しないのです。

どうして紫イペチャーガがいいのか?紫イペとチャーガの
組み合わせは何をもたらすのか?

紫イペとチャーガは、体のどの部分を作っているのだろうか?
その修復には、どれくらいかかるのだろうか?

このシステムがわかれば、食べる意味も違ってくるでしょう。
だから、僕たちは、最大限の可能性を引き出すための、
研究を日夜欠かせません。

血管はなんで出来ている?

僕たちは、血液を流す配管である血管に注目しています。
血管の成分は何か?どのような栄養素で出来ているのか?

そのためには何が一番吸収率が良いのか?と考えています。
がんの怖いところは、死に至る危険性が最も高いから、
それと、医療費が高額になるからということです。

← 健康・肉体精神の扉へ戻る

GoogleAD
  • このエントリーをはてなブックマークに追加