腸内環境を整える=酸化から守る、だから体に栄養が行き渡る!

腸内環境を整える=酸化から守る、だから体に栄養が行き渡る!

食事制限をしても結果が出ない…
お酒を我慢しているのに結果が出ない!

体を酸化から守れ!

腸内環境を整え栄養が行き渡るようにするためには

多くの栄養は、腸から吸収されて血管に入り、
血液によって各細胞に送り届けられます。
しかし、腸内の環境が悪いと、侵入した腐敗菌やウィルスを、
免疫力の要である「白血球」が退治することが
できなくなります。

その結果、血液が酸化していき、
様々な病の原因になります、つまり、腸に、抗酸化力を持たせれば、
予防できるようになります。

人体は腸から入った数々の栄養素によって、
エネルギーとなって生きていけるようになっています。

60兆個の細胞の新陳代謝に欠かせない栄養素を
運ぶのは血液です。
また、肝臓、すい臓、腎臓などの各臓器も毛細血管の固まりです。

※血管は人体最大の臓器である
血管を広げたら、テニスコート27面分になり、
毛細血管をつなげたら約10万キロで地球3周分にもなる。

参考図書:Amazon 腸内環境フローラ
参考資料



糖尿病や血糖値が気になる方やダイエット・肝機能が気になる方に多く愛用されている「サラシアプラス」「サラシアプラス」は血糖値や肝機能の予防・改善を目的としたサプリメントです。アーユルヴェーダで古くから糖尿病の予防改善に重宝されてきた天然ハーブのサラシア(コタラヒム)やギムネマをはじめ、希少な成分を贅沢に配合しています。

健康の維持には、血管の健全な環境が必要です

私たちの体内には、溜まってしまって排出できない脂、
つまり酸化コレステロールが全身にあります。
油分を掃除することを念頭に入れた食生活が大切です。

血管環境が整えば、その結果、栄養素が行き届き、
各臓器が正常な機能の回復が行われ、正常な新陳代謝も出来るようになり、
血管が内の血流が良くなります。

毛細血管の老化からくる栄養失調が原因
血管細胞が老化してくると、血管は老化し、
毛細血管は消失します。
そると各細胞に必要な栄養素が届かなくなり、
機能低下になります。

そのためには、血管年齢を若返らせることがポイントです。

腸からの各細胞に栄養を運ぶ血管の栄養失調が
動脈硬化です。
血管の老化を防ぐには、血管を構成している物質を食事から
採り入れることが大切です。

その主な主成分は、食物繊維です。
普段から野菜を多く取り入れるようにしてください。
ボール1杯分の野菜を茹でると、相当量縮みます。生野菜で取るより、
茹でたり、煮込んだり、して食べましょう。
生野菜にはアクがあり、体にとっていいことはありません。

和食に生野菜料理などありませんし、
イタリア人だってトマトはいためたり煮込んだりして使っています。

最近、野菜汁やスムージーなどが、
人気のようですが、所詮生野菜ですからね。

脳卒中や、心筋梗塞なども、脳や心臓などの
臓器そのものではなくて、そこを通る血管に問題があり
起きる原因があるといわれています。
病気には、必ずその原因と起こり方があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加