紫イペ(タヒボ)の中どの成分がガンを攻撃したり免疫高めるてくれるのか?ビタミン・ミネラル編

紫イペの中のどんな成分に効果があるのか

写真提供:キングオブサプリ

紫イペ(タヒボ)の成分ビタミン・ミネラル編


日本人の食生活を考えるうえで、ビタミン・ミネラルは普通に食事していれば、欠乏症になるということはまずないでしょう。問題はミネラルです。ミネラルはビタミンと違って、体の中で合成されることはありませんから、外から(食べ物)から補給してあげなければならないのです。

ところが、主食であるお米はきれいに精製されていますし、完全にミネラルが抜け落ちてしまっています。また、化学肥料によって作られた野菜などの農作物もミネラルが貧弱になっている。ミネラル補給とは程遠いインスタント食品や加工食品を食べる機会はますます増えていき、日本のお水自体がもともとミネラル分の少ない水なので、日本人は慢性的なミネラル不足になっていることが想像できます。

紫イペは現代食生活に不足しがちなミネラルが豊富

一体、紫イペエキスのどの栄養素・成分が、ガン細胞をやっつけたり、免疫力を高めたりしているのでしょうか。有名な成分として、ラパコールやNFDなど抗ガン作用が認められた成分もあります。実際にはこれ以外にも、まだまだ未知の抗ガン剤成分が含まれているかもしれません。

紫イペには6種類のビタミンと18種類のミネラルが含まれてます。ビタミンやミネラルは細胞の構成材料でもなければ、細胞のエネルギーになるわけでもありません。しかし、体内で酵素の働きを助ける補酵素として、細胞を活性化させるという重要な役割を担っています。わずかな量でも摂取しておかないと、細胞の働きがうまくゆかずに欠乏症を起こします。

しかし、紫イペの抗ガン成分を特定することに集中し、化学で分解抽出しても、今ある抗ガン剤と一緒で副作用が強くなる危険性があります。ラパコールがそのいい例といえるでしょう。

でも、実際に飲むとなったら成分が気になりますよね

ンパク質、脂質、繊維、灰分、糖質、タンニン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、イノシトール、パントテン酸の基礎成分、ビタミンの他に、

アルミニウム、アンソラキノン、アスコルビン酸、灰分、β-カロチン、βシトステロール、カルシウム、炭水化物、クロミウム、クリソファニック酸、コバルト、デヒドロαラパコーンデヒドロイソララパコーン、デヒドロテクトール、脂肪、繊維成分、鉄、ラパコール、マグネシウム、マンガン、ナフトキノン、ナイアシン、リン化合物、カリウム、リボフラビン、セレニウム、シリコン、ナトリウム、サイアミン(B前駆体)、亜鉛

紫イペの成分分析表・日本食品分析センター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加