癌は不治の病ではない

癌は治る病気

ガンは治る病気です

最近の医学情報ですが、人間の正常細胞がガン細胞の増殖を手助けしている
という事実が発表され、一大センセーションを巻き起こしています。

参考文献:ガン微小環境ネットワーク総合研究    ガン科学療法センター

参考図書: (文庫)病気にならない生き方 (サンマーク文庫) 新谷弘実

ガン細胞の特定は今でも目視である


これは現代医学ではとうてい説明できない現象であり、
「ガン細胞は悪である」という前提に立っている現代医学にとって、
理解不能な現象であると同時に、非常に不都合な研究成果であり、
黙殺したい結果でしょう。

ともあれ、「ガン細胞が悪玉」であっていてくれなければ、
成り立たないような三大療法そのものが根本的に見直されなければならない時が
来ていることは確かです。

ガンは「不治の病」ではなく、「完治できる」病気です。


しかし、ガン化を辿った原因と経緯をしっかり把握したうえで、
治療に取り組むことが肝心です。

原因を知り、原因を取り除き、原因を上回る
物質の提供が必要になります。

切り取ったり、無くそうとしたりするマイナスの治療から、
プラスの治療が重要です。
マイナスを覆すのは、マイナスではなくプラスなのですから。

参考サイト:紫イペ&チャーガ情報収集サイト紫イペの品質


日本の医療費

誰が人体実験になるかといえば、モニターは入院患者だ。
最近の食品の特保制度や特別用途制度など、弱者を締め出し、
大手を守るための独占禁止法には、ならないのだろうか。
安全だ、安全だの裏側も知っておくべきだろう。
医療費は、国家公務員の給与と同じ水準だと聞く、30数兆円だ。

ガンや糖尿病などは食生活の乱れやストレス、食品添加物、農薬、
環境汚染物質などで体の栄養障害や代謝異常で発症しているので、
そのような要因を取り除くことで、人間本来の持つ「自然治癒力」が
賦活化されればそのような病気は、切り傷がほっておいても自然に治るように、
自然に治癒すると言うことになります。

ガン患者の場合はまず造血臓器としての腸の機能を正常化し、
解毒臓器としての肝臓を強化し、排泄臓器としての腎臓の働きを良くしてあげ、
ガス交換臓器としての肺の働きを良くしてあげることが重要です。

心臓病の原因としては奇形などの先天性疾患などもありますが、
動脈硬化や血圧の異常による過負荷が主な原因です。

血圧異常は、血液の流動性の問題、血管の脆弱化(コレステロールや
マクロファージなどによる)、腎臓の糸球体濾過機能低下、
甲状腺ホルモン異常など様々の原因が挙げられますが、
これらを改善することで病状を改善することが非常に重要です。

参考文献:国立循環器病研究センター

参考図書: 読むだけで200万円節約できる! 医療費と医療保険&介護保険のトクする裏ワザ30 早川 幸子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加