X

生活習慣からくる病気の種類

生活習慣病とは

生活習慣から忍び寄る病気

生活習慣には、食事、飲酒、喫煙、運動、睡眠などがあります。

これらについて悪い習慣がひとつまたは複数あると、
成人肥満症、小児高度肥満、栄養失調症、拒食症、糖尿病、胃がん、
大腸がん、痛風、 高脂血症、高血圧性疾患、動脈硬化症、胆石、
腎臓結石、心筋梗塞、胃潰瘍、腎臓病、肝疾患、骨粗しょう症、
歯周病ような生活習慣病が おこります。

これらの病は以前は成人病と呼んでいましたが、
子供のころからの生活習慣が原因と分かり、1996年より
生活習慣病と呼ばれるようになりました。

生活習慣病は、毎日の悪い生活が続くと、
数年~数十年後に起こる病だといわれています。

日本人の3分の2はこれらの病で亡くなっていることから、
国も生活習慣を変えるガイドラインを発表しています。

食生活の不規則欧米化などにより、本来の日本人の必要な栄養素が不足し、
また、加工食品、インスタント食品による、手軽にお腹を満たす食品の登場で、
フレッシュなビタミン・ミネラルなども不足しています。

参考図書: 「生活習慣病」がわかる本――健康のため、その〝習慣〟を改めなさい

日野原重明

糖尿病とは


体を動かすエネルギーの元となるブドウ糖ですが、
インスリンというホルモンが不足すると、
ブドウ糖が細胞に運ばれなくなり、血液の中に溢れだしてしまう。
それが糖尿病。

原因は、血糖値が上がること。すなわち、インスリンの
バランスが崩れて起こる病です。



人臨床試験実施商品でその効果は100人に対して
4週間で80%、8週間で88%の人に効果があったと立証されています。

この臨床試験の1ヶ月後でもその効果は持続してたことが立証されています。
この結果一時的に血糖値を下げるのではなく体の機能が回復したことの証明になります。

<td.日本成人病予防協会の独自の人臨床試験では60人中60人に
効果がありました。糖でお悩みの方に『医学団体の推薦品もっとからだ天国』

糖尿病の種類


Ⅰ型糖尿病

膵臓のインスリンを作る細胞が破壊され、
からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。
子供のうちに始まることが多いのが特徴です。

Ⅱ型糖尿病

インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、
ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって
起こるものがある。
食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。
糖尿病のじつに95%以上はこのタイプ。

参考図書: 糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版

日本糖尿病学会
satomi :キングオブサプリの店長です。紫イペチャーガ、石連花、プロテオグリカン、アルゼンチン産馬プラセンタ販売のショップを運営しています。