人の体の源はミトコンドリアが重要なファクターだった!

人の体の大事なファクター、ミトコンドリア

体のエネルギーを高めよ!そのための重要なファクターとは?

体の発電所ミトコンドリア

私たちは毎日食べることで生きています。
しかし、今食べた食べ物が、体にどのように影響
しているなんて、考えたことってありませんよね。

だって、口の中に入れるまでは、自分の仕事ですが、
のどを通り過ぎれば、自分の意志は何一つ通じません。
「頑張って栄養になって内臓を支えてね」とか
肝臓に何%、腎臓に何%運んでね」とか、「心臓を強くしてね」「骨を強くして
転んでも折れない骨を作ってね」など、
自分の意志は何一つ通じません。

ですから、

食べ物を選ぶとき、その時が一番大切な事なんだと、
気が付いてくださいね。
好きなものをだけを食べていただけでは、
健康には役立たないことが、理解することが出来たでしょうか。
病気の原因が毎日好んで食べる食べ物
あることは間違いありません。
のど元を通り過ぎれば、後は「神」の仕事なのです。

「栄養のバランスを考えて食べましょう!」といいますが、
人それぞれ性格が違うように、体質も違います。
自分に合った、風土に合った食べ物をとることが大切なんです。

太りやすい体質、太りにくい体質、疲れやすい体質、毎日元気な人、
毎日毎日、積み重ねてきた、食べ物、飲み水が、空気が、
その影響を受けています。

参考図書: 体が若くなる技術 太田成男

1つの細胞の中にミトコンドリアが数千個、体はミトコンドリアでできている

ヒトの体は多数の細胞の集合体であり、
その数およそ60兆個。

ひとつひとつの細胞には、細胞核と呼ばれる
部分があり、その中には人固有のDNAが詰め込まれています。
DNAはひも状になった2重のらせん状をして、
それが寄り集まって23対の染色体を形成しています。

中でも23番目の染色体は、性染色体といわれ、
男性ではXとY、女性はXが2つ組み合わさった形をしています。

人の外観的特徴、頭があって目があり口がある、手足や胴体があって、
歩いたり走ったりする。これらの特徴の全てがエネルギーを
うみ出す方法の違いを重要なファクターとした
ミトコンドリア
によって、もたされているのです。

私たちの体は2つの生物のハイブリッド型

人は、2つの生物が合体してできた「ハイブリット生命体」である。

人固有のDNAとは別に、ミトコンドリアは独自のリング状DNAを持っています。

体の中のミトコンドリアは生命維持に欠かせない、
エネルギー生産、正常細胞の安定化
としての重要なファクターを担っています。

ミトコンドリアが不調になると、
フリーラジカル(活性酸素など)が大量に発生します。
ミトコンドリアは私たちの体の機能にとって、
重要なファクター
だったのですね。

ミトコンドリアとDNA

一つの細胞にミトコンドリアは数百から数千

ミトコンドリアは、真核生物と呼ばれるすべての生物種の
細胞に含まれる細胞内小器官です。

その主な働きは生物維持に不可欠な、エネルギーをうみ出すことです。
ミトコンドリアは殆どの細胞の中にあり、
通常は1つの細胞に数100~数1000個が含まれています。

ヒトの細胞は約60兆個あるので、
その数は数京個単位だろうと推計されています。

参考図書: 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書) 福岡 伸一

ヒト古来のDNAが一つの細胞に一組しかないのとは対照的にミトコンドリアDNAの中には、数100~数1000が存在しています。

広告:還元型コエンザイムQ10+ローヤルゼリー


コエンザイムは酸化型と還元型の2つがありますが 、市場に出回っている多くのコエンザイムは酸化型のものが多い状態です。 また、酸化型コエンザイムを還元型コエンザイムへ変換する体内エネルギーには個人差があり 加齢によって変換力は低下していく為、定期的な摂取をおすすめしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加