X

事実に基づいた小説「ガン病棟」こそチャーガを一躍有名に!

ガン病棟の現場を事実に基づいて描いたソルジェニツィンの小説「ガン病棟」は、当時ソビエト国内のあらゆる雑誌から掲載を拒否されるなど、社会的な問題を投げかけたことでも知られている。と同時に、この小説は、チャーガを一躍世界に知らしめたものとなった。

本の中で、チャーガは「白樺のガン」「白樺の幹に生じる黒い醜い塊」「白樺の病気」「白樺の腫瘍」などと表現されている。そのチャーガについて触れた「白樺のガン」という章の中に、ガン患者同士が病院でチャーガについて語り合う個所がある。

コストグロートフは、ふとしたきっかけでチャーガと、その研究を手掛けるモスクワ郊外の田舎医師マースレニコフ博士の存在を知る。コストグロートフは、同じ病と闘う患者仲間に、その不思議なきのこについて詳しく語り始める。

「マースレニコフ博士はモスクワ郊外のアレクサンドロフの田舎医者で、もう何十年も同じ病院に勤めている。で、博士は一つの事実に気が付いた。医学論文にはガンの症例がますます多く扱われるているのに、その病院に来る農民の患者には癌がめったに見られない。これはどういうわけだろう」

その博士がたどり着いた答えが「チャーガ」だった。

「そのあたり一帯の百姓たちは、お茶代を節約するため、お茶ではなくチャーガというものを煎じて飲んでいる。それは白樺のきのこともいわれていて…」

「正確にいうと、これは白樺のきのこではなくて、白樺のガンなんだ。ほら、古い白樺の木によくあるだろう・・・妙な格好の角のように、表面が硬く、黒くて内側が暗褐色の・・・」とチャーガについて紹介している。

マースレニコフ博士が導き出した結論


「その地域の百姓は、チャーガをお茶代わりに飲み続けた結果、知らず知らずのうちに何世紀にもわたって、癌から救われていた」

世界を見渡せば、地域の人々の長寿や健康に恵まれた一帯が各所に点在している。理由を探ってみると、必ずその地域の人たちが伝統的に食べている食材にたどり着くのである。

たとえば、ロシアのコーカサス地方は世界でも有名な長寿地帯だ。ここでは、昔から発酵乳を食生活に取り入れており、これが地域の人々の健康を支えてきたのだ。ケフィアと呼ばれるこの発酵乳は、ケフィア粒という種菌を牛乳に加え、発酵させて作る。古代から山岳民族が食べ続けてきたこの発酵乳は、細菌の研究で免疫機能を向上させ、ストレスに対する抵抗力をつける、ということが解明されている。

アガリスク


今ではすっかりお馴染みとなったアガリクスも、もともとはブラジル郊外のピエダーテという山間の村人の長寿食であった。米国のランバート研究所の研究者らが村人の長寿と健康の秘訣を探るべく山に分け入り、アガリクスの発見に至ったのである。

チャーガも同様に、アレクサンドロフ郡の田舎地方で暮らす人々がガンと無縁の生活を送っていることから、研究者らがこのきのこに目を向けるようになったのである。

再び「ガン病棟」に戻る


チャーガの話を聞いたガン病棟の患者らは、この強いキノコに関心を寄せ、その利用法や入手方法などについて、さっそく語り合う。

ガンという同じ宿命を背負った彼らは、辛い治療を経て医療の限界というものを痛感していた。しかし、治療をあきらめていた訳ではなった。「他に頼れる薬剤や治療法はないものであろうか?」と、情報を求めていた時に、チャーガの存在を知ることになったのである。

そして、さっそく入手したいと考えたのである。ところが、チャーガは容易に手に入るような代物ではなかったのである。それどころか、一つの山を一日中探し回っても、やっと一つ見つかる程度の貴重なきのこだったのである。「森のダイヤモンド」「幻のきのこ」と呼ばれる所以がそこにある。

ガンという病魔に人生を一変させられてしまった患者にしてみれば、自然の妙薬「チャーガ」は、高価な物であれ喉から手が出るほど欲しい魅力的な存在なのである。

今、瀕死の状態にある自分の身体を再起させるための一筋の希望の光が、このキノコに残されていたのだ。ところが、チャーガの民間療法を実践するためには、手間も費用も膨大にかかってしまう、ガン病棟の患者らは、さっそく大きな問題に直面してしまったのである。

satomi :キングオブサプリの店長です。紫イペチャーガ、石連花、プロテオグリカン、アルゼンチン産馬プラセンタ販売のショップを運営しています。