X

ガン体験者の悩み入院時に感じたこと

ガン患者として悩んだこと、悩みを軽くするための方法についての調査。

社会が、ガン患者の悩みを理解し、社会的がどうして受け入れていくのか、社会の責任と自覚が整備されていくことを願う。男の2人に1人。女の3人に1人という、「ガン時代」に生きるものの共有できるルールが必要だ。

ガンと診断されたのはいつですか?

20代  1.4%

30代  5.6%

40代 15.1%

50代 26.0%

60代 30.2%

70代 18.2%

その時の何のガンと診断されたのかの順位の上位は、

1、乳ガン。 2.直腸・大腸 3、胃 4.肺 5、前立腺 6、咽頭 7、喉頭となる。

再発が認められた部位

多い順に並べると

1、肺       26.9%

2、胸膜

3、肝臓      24.6%

4、リンパ節   23.4%

5、骨

受けられたガン治療の種類

1、外科手術               76.7%

2、薬物療法(抗ガン剤・ホルモン剤) 58.7%

3、放射線療法              30.3%

4、内視鏡、胸腔鏡、腹腔鏡手術   25.1%

5、その他                  1.5%

ガン治療中の悩み

1、落ち込みや不安や恐怖などの精神的なこと       52.9%

2、痛み・副作用・後遺症などの身体的苦痛         48.1%

3、これからの生き方、生きる意味についての関すること 37.6%

4、収入、治療費、将来へのたくわえなどの経済的なこと 35.1%

5、夫婦間、子供とのことなどの家庭・家族の事      29.1%

6、仕事、地位、人間関係などの社会とのかかわり方   20.5%

7、医師や看護婦との関わりあい方              8.0%

診断時に誰に相談しましたか?

1、相談した若しくは相談しようとした   64.3%

2、誰にも相談したくなかった        20.0%

悩みを和らげるために何が必要でしたか?

1、医療者との関係

2、自信の努力による解決

3、相談、心のケアー

4、家族の協力・理解・支え

5、同病者との交流、患者会

6、行政・医療関係への要望

7、情報提供・情報公開

8、医療費等の経済面での制度・支援

9、医学の進歩

もっと詳しく読む → 紫イペ&チャーガNAVIなび

satomi :キングオブサプリの店長です。紫イペチャーガ、石連花、プロテオグリカン、アルゼンチン産馬プラセンタ販売のショップを運営しています。