X

ガンが発生する場所について考察するー精神編ー

ガンの発生場所について

ガンはその人の敏感な部分に現れる!

ガン細胞は、赤血球若しくは白血球(リンパ球)の融合化成によってできる
ものです。赤血球や白血球が、異常行動をみせるようになるのには、
それらの置かれている環境条件が、「非生理的」になるからにほかならない。

血液性状が異常化し、血液が汚れてしまうのです。
ガン腫が作られる大元の原因は、血液の汚れが原因です。

それは、ところかまわずガン腫を作るというものとは違い、
その人の体の最も敏感な部分に、「健康自衛」という目的に沿って、
ガン腫は作られるようになります。

では、どのようにして健康自衛の効果を上げているのかといえば、
血液の浄化装置と捉えた方がよいだろう。

ガンを敵とか、悪魔の巣窟などと考えるのではなく、血液の浄化装置ができたと、
考えることができれば、ガンは50%は治ったともいえるのです。

参考図書: 実験医学 2012年12月号 Vol.30 No.19 新発見が続く自然リンパ球〜NH細胞・ドレスNK細胞・RORγt陽性細胞・LTi細胞が変える免疫の理解Amazon書籍 小安 重夫

ガン治療のポイント


ガンを治療するということは、ガンの正体である血の汚れを解消すること。
そのためには、「精神療法」「食事療法」「理学療法」を三位一体として、
実行することです。

参考図書: 名医が語る最新・最良の治療 乳がん―あなたに合ったベストな治療法が必ず見つかる!! (ベスト×ベストシリーズ)

中村 清吾, 津川…

精神療法


ストレスの蓄積は、ガンにとっての栄養と心得よ
心の持ち方を変えるということは、極めて重要なことなのです。

がん患者には、精神的ストレスが累積されていることが非常に多いのです。
より自然で、心の安定が保てる生活環境への「転地療法」が良い結果を導くのも、
ストレスを引き起こす原因から遠ざけることが重要だということです。

精神的ストレスに強い心身を作らなければならないのは重要だが、まず、
ひとまず安全圏に身を引いて、心の立て直しを図ることが重要なのです。
事情の許す限り、心穏やかに生活できる環境を身を置くべきなのです。

ガンに対する一般の認識が大きくゆがめられている現在では、
患者自身が、ガンに対する正しい考え方を持つための学習をすることが、
不可欠なのです。

東洋医学では、ガン腫は、血液の汚れを示すシ
グナルであるととらえています。

緊急手段であり、安全弁であり、浄血装置であり、救世主である・・と、
まさにその通りであり、ガン腫は恐るべき敵ではなく、
むしろ愛すべき味方なのです。

一番恐れなくてはならないのは、血の汚れを招くに至った日常の生活条件です。
その誤った生活条件のうちでも、特に血液の汚れを助長する重大な条件は、
心の不安定だったのです。

参考図書 : 癌と心理療法Amazon書籍 岸本 寛史

satomi :キングオブサプリの店長です。紫イペチャーガ、石連花、プロテオグリカン、アルゼンチン産馬プラセンタ販売のショップを運営しています。