X

イペによる健康被害

輸入イペ木材の特徴

イペ木材、イペの木は、水に強い、強度がある、シロアリが
湧かないなどの理由で、南米各地から日本に輸入されています。

紫イペエキスとは、樹皮の内側の成分のことであり、
木材そのものではないということです。

また樹皮そのものでもありません。販売者の中には、
様々な形態があり、イペ被害にあった人のお話をお伺いすると、
木材で起きる症状と似ていることがあります。

安いからと飛びついても、偽物をつかまされるといったことも
十分に考えられますので、紫イペエキスの情報をしっかりと
お取りになって、ご使用いただけるようお願い申し上げます。

紫イペチャーガ研究会:里見智忠

南米産の木材(イペ)について

南米からは、イペ、レッドウッド、アマゾンウリン等が輸入されています。

イペ木材の特徴

イペはブラジル、ペルー、パラグアイ、ボリビアを主たる産地とする
南米のノウゼンカツラ科の広葉樹で、別名「ラパチョ」「パオロペ」
などとも呼ばれています。
原木は直径0.6~1mで、樹高は大きいもので40m程度あります。

色合いは心材と辺材の境界がはっきりしており、辺材は黄白色、
心材は黄緑色から緑褐色をしています。空気に触れて徐々に
濃褐色に変わります。

イペは、熱帯アメリカに分布し数種あることが知られており、
その中でも紫イペといわれる種類は、導管中に防虫効果の高い
ラパコールを豊富に含んでおり、近年、このラパコールに
抗癌作用が認められたことで、健康食品や医薬品にも用いられています。

非常に重硬で、耐久性も非常に高く、日本でも古くから
ウッドデッキとして採用されており、水のかかるような条件の悪い場所でも
15~20年はもつと言われています。
耐腐朽性も高く防腐剤などの薬剤処理も必要のない木材です。

ウッドデッキ材の代表格として実績も豊富で、港湾エリアの桟橋や
ウォークデッキなどの公共物件で多く採用されており
「東京アクアラインの海ほたる」「横浜大桟橋」「上野公園の不忍池」
などが有名です。



イペ木材の注意点

加工時に出るおがくずで、人によってかぶれることがあります。

特にイペ材の場合は、加工時の粉砕時のおがくずの粉砕が、
人によってはかぶれたり、おう吐、アレルギー反応を起こす場合
があります。

これは、おがくずが発生する加工時のみで、ウッドデッキ完成後は
心配ないため、気になる場合は、マスクやゴーグルをして作業してください。

参照:

satomi :キングオブサプリの店長です。紫イペチャーガ、石連花、プロテオグリカン、アルゼンチン産馬プラセンタ販売のショップを運営しています。