X

がん治療体験者の意外な悩み

ガンと診断された時の悩み

今後の進路、生活の不安。治療に関する恐怖と不安。今まで通りの生活が続けられるかどうかの不安。学校や友人などが病気のことを理解してくれるのかどうか。

仕事を続けられるのかどうか。治療費を払えるかどうか悩んだ。

車の運転はできるのか。

これからの人生について、退院したら学校はどうなるか、職場はどうなるか。友人の目。将来の不安。

ガンを患ったことで、あとどれくらい生きられるのか。抗ガン剤、放射線の恐怖。

助からない病気ではないかと恐怖感が湧いた。

この先自分はどうなってしまうんだろうか。死の事ばかり考えた。

病気に対して、知識がなく、今後どうなっていくのか。

仕事を止めて付き添う家族など大変だった。

癌の診断から現在に至るまでの悩みや負担

病気の事をどのように説明すべきか悩んだ。病気の再発、転移の恐怖が常にある。

治療中の頭髪の脱毛など見た目に出る副作用をそのように隠せばいいのか。

かつらを買ったが、人と会うのが苦痛だった。

足に障害が残り、みんなと同じ生活を送っていても様々なところで孤立してしまった。

子供を産むことが全く無理なのかと不安だった。

診断時の不安に加えて、体力がなかなか付かず、フルタイムで働けず、パート・アルバイト のまま現在に至る。

子供ができなくなったので結婚できないのかと悩んだ。

病気や治療内容、方針など医者から説明がなく常に不安であった。年齢に応じてインフォームド・コンセントを行ってほしい。

薬代が高く、一生飲み続けなければならないという経済面で悩む。

長い治療で様々な合弁症があり、体力的に就職できるか不安。

詳しくはこちら → 紫イペ&チャーガ情報NAVI

satomi :キングオブサプリの店長です。紫イペチャーガ、石連花、プロテオグリカン、アルゼンチン産馬プラセンタ販売のショップを運営しています。